So-net無料ブログ作成

とんかつ一 [バイク]

先日 家族で伊豆に
ツーリングに 行ってきました。

みんなを連れて行くのに
いい場所はないかなぁと考えて
下田のとんかつ屋さんに連れて行きました。
「とんかつ一」です。
あっ、一は「はじめ」ってよみます。
とんかつ〜 ではありません。

DSC02981.jpg
お店につきました。
うらにけっこう広い駐車場があります。

このお店はちょっとかわっていて
初めてのお客さんは ミックスフライ定食しか
注文させてもらえません。
それと 次から次へと 付け合せやごはん
お味噌汁などを増やしてくれます。
もちろん追加は任意ですが 断れないんですよねぇ。

お店に入ると さっそく
「お客さん 初めて?」
「僕は2回目です。」
「なら旦那は好きなもの選んでね。
 他の人は初めてなら ミックスねっ。」

メニューを選べる優越感を感じながら 悩んでいると
「旦那 決まったぁ?」「いえ、悩んじゃって。」
「なら旦那もミックスだねっ。」
あぁぁぁぁぁ・・・

DSC02980.jpg
そしてこれが ミックスフライ定食。1,350円。
乗っているのは 唐揚げ、メンチ、ヒレカツ、コロッケ。
ごはんにかかっているカレーは
「ごはんにカレーかけちゃっていいよね?」の
サービスです。

これだけでも けっこうなボリュームですが
「お味噌汁 じゃんじゃん飲んでね。」
「ごはんお代わり するよねぇ。」
「スパゲティ なくなったら言ってよぉ。」
誘われるまま 親父は追加の嵐に見舞われ
義弟は終始うつむいて 追加をやり過ごしています。

味はどこかなつかしい味で
ぱくぱく食べられます。
気づいたら完食。おいしかったぁ。

なんでも昔は
揚げ物もじゃんじゃん追加していたみたいです。

駐車場に戻っても おなかがいっぱいで
しばらくバイクには 乗れないのでした。

そうそう 今回のツーリングで
バイクのいたるところが壊れていることが
わかりました。
まずETCがつかない。
ヘッドライトも両方ダメ。
夏の車検までになんとかしなくっちゃです。

北海道ツーリング五日目 [バイク]

ツーリング五日目。
今日も快晴ですが
昨日止まったバイクが心配です。

僕の想像では レギュレーターがパンクしたことによる
過充電でバッテリーが沸騰し故障。
となると レギュレーター交換しかありません。

レギュレーターが手に入らないのなら
バッテリーに充電されないように
エンジンは極力低回転で走ることと
なるべく電力を使うしかありません。

走るときは 制限速度まで加速後エンジンを切り
クラッチを切りながら惰性で走る。
これを苦行のように繰り返します。

今日の目的地は 富良野方面。
国道391を北上し 国道241を西へ向かいます。
阿寒湖周辺の景色を楽しむこともできず
ひたすら惰性走行です。

足寄あたりで バッテリーのチェック。
すると ほとんど熱をもっていません。
ひょっとして バッテリー不良だったの?

どうせ最後は高速道路を走るのだからと
惰性走行をやめてみました。

普通に走る楽しさを味わいつつ
道の駅うりまくで 昼食休憩。
念のためバッテリーをチェックしたら

持てないくらい熱くなっていました・・・
やっぱりレギュレーターです。

こんな場所で どうしようかと
途方に暮れましたが
任意保険のロードサービスで
なんとかなることが分かりました。

DSC02574.jpg
僕のブラックバードは
残念ながら ドナドナです。

その後 親父のサイドカーの後ろで
旅を続けましたが
僕の北海道は 終わってしまいました。

いつかリベンジしたいです。

今日の走行距離 184km

北海道ツーリング四日目 羅臼〜開陽台〜標茶 [バイク]

ツーリング四日目。
今日の目的地は知床横断道路と
地球が丸く見える 開陽台です。
このルートは 20年前に走ったときと
ほぼ同じです。

国道238から国道39、国道244と
東へ。
国道334をまっすぐ行くと
名もなき展望台があります。

DSC02526.jpg
これぞ北海道といわんばかりの 直線路でした。

本線に戻り 東進すると
知床横断道路に出ます。

知床峠までは 気持ちいい道と天気。
20年前も こんなだったなぁ。

DSC02538.jpg
知床峠。羅臼岳をバックに。


ここから東は 濃い霧の道。
これも20年前と 同じでした。

DSC02546.jpg
峠を下ったところにあった
ライダーハウス白樺の跡。
20年前 友達と来たとき泊まった宿です。

あぁ。あのときと変わらないなぁ。
ここでチャンチャン焼き 食べたっけなぁ。
できたらもう一度 お世話になりたかったなぁ。
昔を思い出し しばしたたずみます。

DSC02551.jpg
道の駅知床・らうすでお昼ごはん。

DSC02549.jpg
地元でしか食べられないという
黒ハモという魚の塩焼き定食です。
うなぎみたいな脂とコクで 大満足でした。

国道335を南下。開陽台に向かいます。

DSC02556.jpg
開陽台。

DSC02558.jpg
20年前に来たときは 雨で一面真っ白でしたが
今回は 360°見渡すことが できました。
あのときにはなかった 展望台がありました。

今日の宿は とほで見つけた標茶の「木理」さん。
http://www.canoecraft.net/mokuri/
そこに向かう途中 緊急事態が起こりました。

突然 ブラックバードのエンジンが止まりました。

バイクを止めると バッテリーが沸騰しています。
これはきっと レギュレーターがパンクしたんだな。
でも北海道 しかもこんな場所で
レギュレーターが手に入るわけもありません。

スマホで調べると 中標津のバイク屋に
中古のバッテリーがあることが分かりました。
さっそく購入して取り付けると
エンジンはかかりました。

あとはだましだまし走って
無事 木理さんに 到着です。

明日から どうなることやら。

今日の走行距離 303km

北海道ツーリング三日目 池田〜サロマ湖 [バイク]

ツーリング三日目
今日のゴールは 今回唯一予約をした宿がある
サロマ湖です。

ワインの国で サービスの朝ごはんをいただき
出発です。

まずは帯広駅を目指します。
目的地はバターサンドで有名な六花亭の本店です。
本店には賞味期限が3時間(!)という
サクサクパイがおめあてです。

DSC02500.jpg
六花亭本店。
シンプルできれいな建物でした。

DSC02498.jpg
これがおめあての サクサクパイ。
まわりが香ばしくって たまりません。

DSC02499.jpg
そしてこれが 賞味期限2時間(!!!)の
雪こんチーズ。
ココア味のビスケットでチーズケーキを
サンドしています。
これもココアの味が濃くって
チーズケーキも負けじと濃くって おいしかったです。

このあと国道237号で北へ。
三国峠を目指します。

DSC02503.jpg
三国峠です。

DSC02501.jpg


大自然の圧倒的な迫力に 言葉がありません。
来てよかった。

三国峠から国道39号〜道道103号で
サロマ湖へ抜けます。

今日の宿は船長の家
http://www.sentyounoie.jp/
ハンパない食事が有名な宿です。

夕食会場に行って あぜん。
DSC02514.jpg
カニ3種でしょ。

DSC02516.jpg
DSC02517.jpg
カニご飯にいくらご飯。

DSC02518.jpg
DSC02520.jpg
エビの塩焼きとゆでエビ。

DSC02519.jpg
つぶがいのソテー。

DSC02513.jpg
DSC02512.jpg
DSC02521.jpg
あれもこれも。
これで 一人分です。

かたっぱしから食べましたが
半分も食べきれず・・・
カニは 実家に送ることになりました。

本日の距離 272km

北海道ツーリング二日目 苫小牧〜池田 [バイク]

フェリーで迎える朝。
DSC02465.jpg
フェリーが夜通しすっとばしても 北海道は遠い。
苫小牧には 昼の11時に到着です。

苫小牧からは 道々259から国道235。
襟裳岬を目指します。
厚真門別道路や日高自動車道は無料ですが
気がつかず ひたすら下道を行きます。

日高と言えば 昆布。
道すがら 昆布の香りがしました。

DSC02480.jpg
今日のお昼は セイコーマート。

DSC02479.jpg
とびっこのお寿司なんて
北海道ならではです。

のんびり走ったつもりはないけれど
宿に間に合わなそうなので 襟裳岬はパスして
国道236を左へ。 池田を目指します。

DSC02493.jpg
今回の宿。ワインの国。
僕が大学生の頃も お世話になった宿です。

DSC02487.jpg
宿の前には てんさい畑。

ここの目当ては 夜ごはん。
DSC02482.jpg
パスタサラダと 野菜のトマト煮。
それと

DSC02483.jpg
十勝牛のステーキがつきます。

ごはんもおいしく 話も楽しく
気づいたら ワイン4本も空けていました。

今日の走行距離 271km
つづく。

北海道ツーリング一日目 〜仙台港 [バイク]

今年の8月 北海道へツーリングに
行ってきました。

北海道は大学生のころ ツーリングでまわったきり
二回目です。

今回はBMWのサイドカーに乗る親父と
ハーレーに乗る伯父との3人旅。

ルートは首都高から東北道。
常磐道は 放射線がやはり怖い・・・
クルマならいいけれど バイクだからね。

1時間ごと 休憩(給水)しながらも
仙台に到着。

仙台といえば「牛タン」。
DSC02456.jpg
牛タンの元祖 「味太助」さんでお昼です。
さっそく定食を注文。

DSC02451.jpg
定食には 牛タンが3枚つきます。
牛タンがジューシィでうまいっ!
つけあわせのキャベツもおいしいけれど
左奥に見える南蛮のみそ漬けが たまりません。

DSC02453.jpg
テールスープもしみじみとうまみが溶け出てて
おいしいです。

ごちそうさまでした。

DSC02457.jpg
フェリーは今回初めて使う 太平洋フェリー。
「きたかみ」はけっこうなベテラン船みたいです。

料金はハイシーズンということもあり
大人B寝台が11,900円
バイクが11,900円で しめて23,800円。
ってことは 往復で約5万円?
けっこうな値段に 少し驚きました。

DSC02462.jpg
バイクは船の揺れで倒れないように
しっかりと固定されます。
そのため ハンドルロックはしないよう 言われます。

DSC02469.jpg
船内は 僕が昔乗った船とは
比べようのないくらい ゴージャスでびっくり。
フェリー内で過ごすため サンダルは必須です。
僕は船内で売っているスリッパで 過ごしました。

DSC02464.jpg
いよいよ出航。
楽しみと不安がいっぱいです。

今日の走行距離 470km
つづく。

鵜原へツーリング [バイク]

ふらっと千葉 鵜原方面へ
走ってきました。
目的地は よつば荘です。

なぜ鵜原?よつば荘って?
実はぼくが中学生くらいのころから
ずっとキャンプに来ていた 思い出の場所なのです。
ぼくが今の仕事につこうと思ったのも
このころの出会いが きっかけになっています。

首都高からアクアラインを通って木更津北へ。
国道409から297を勝浦方面へ。
ぼくが行ったころは まだ中央連絡自動車道は
つながっていませんでした。

細い道に入ると 20年くらい前の記憶が
少しずつよみがえってきます。

DSC09012.jpg
つきました。よつば荘です。
自動販売機もあのころのままでした。
なつかしいなぁ。

DSC09014.jpg
ご飯を作った広場には
りっぱな屋根が ついていました。
ここで小雨の中 キャンプファイヤーしたっけなぁ。

DSC09015.jpg
あの頃は 夜遅くまで コーヒー飲みながら
たわいもない話をしてたっけなぁ。
堤防に座って 同じようにコーヒーを飲みながら
鵜原の海をながめていました。

いつかまた ここでキャンプ したいなぁ。

富士山五合目へツーリング [バイク]

毎年かぞくでいってるツーリング。
あついのがいやだから 富士山ならすずしいだろうと
今年は日帰りで富士山方面にいってきました。

ルートは東名から御殿場ICでおりて
国道138を北上。246を曲がってぐみ沢丸田から
県道23号〜県道152号〜県道180号の
富士山スカイラインをひたすらいきます。

このスカイライン 初めて走ったけれど
すっごくいい道で。
夏はマイカー規制って出ていたけれど
西に走るぶんには だいじょうぶでした。

県道72号〜71号と北上。
富士ミルクランドできゅうけいです。
DSC07214.jpg
ここのおめあては ソフトクリーム。

DSC07215.jpg
この売店で売っていました。

DSC07216.jpg
ソフトクリームです。
牛乳の味がこくて おいしかったです。
なお牛乳は 右のお店のビンが安いみたいです。

それから県道75号から国道139号へ
朝霧高原をぬけて本栖湖方面へ。
この道もとても気持ちいい道でした。

本栖湖と精進湖をぬけて県道21号
湖北ビューラインで西湖と河口湖の北岸を走ります。

そろそろお昼ごはんの時間。
DSC07230.jpg
今日のお昼は 吉田うどん「美也川」。
http://kashibesso.com/sub/udon/miyakawa.html
国道138号に小さなかんばんが出ていました。

お店に入ると左に紙があるので
そこに注文と名前を書くシステムみたいです。
我々は知らなくて 1組飛ばされちゃいました。

DSC07224.jpg
天ぷらうどん。300円!

DSC07227.jpg
ぼくが注文した冷やしたぬき。350円。

はんぱないコシのうどんとこのお値段に
だいまんぞくでした。

ごはんのあとは いよいよ富士山へ。
137号を南下して平成通りを右折。
国道139号を右折して富士スバルラインへ。

料金所には「5合目駐車場普通車2時間待ち」の表示が。
バイクはだいじょうぶかなぁ・・・。
DSC07233.jpg
富士スバルライン。天気はよくなかったけれど
走りやすくて涼しくて いい道でした。

5合目が近づいてくると クルマの大渋滞。
でもバイクはその横をす〜いすい。
よかったよかった。

DSC07234.jpg
富士山5合目から見る富士山です。
生まれて初めて来たけれど 観光客がいっぱいで
ふつうの観光地でした。
涼しかったから いいけれど。

帰りに雨 降られちゃったけれど
充実したツーリングでした。

それと ピースサイン。
今回は7割くらい 返事が返ってきました。
これからも出していこっと。

クシタニ ベーシックグローブ [バイク]

長年つかっていたグローブに
あながあいてしまったので
あたらしいのに かいかえました。

DSC07353.jpg
クシタニのベーシックグローブです。

選んだポイントはデザイン。
富士山マークが入っているのが ◯です。
それと大切なのは クシタニ製だということ。
体をまもる装備ですから 一流のメーカーでないと。
ぼくは大学生の頃からずっとクシタニひとすじです。

このベーシックグローブ
なんでも撥水レザーとのことで
雨なんか はじいてくれるみたいです。
では 洗うときは?ふつうでいいの?
どうやらふつうでいいみたいです。

まだ新しいからか 手にぴたっとフィットします。
いっぱいいっぱい はしらなくちゃ。

CBR1100XX ユーザー車検 その3 [バイク]

光軸で車検不合格となった
我が愛機  CBR1100XX。

その日に修理・調整を行えば
検査料をもう一度払う必要はないので
急いで調整です。

ちなみに ぼくが大学生の頃は
何度でも検査を受けることができましたが
今は3回しか検査を受けることができません。
なんとしても 次は受からないと!

XXの光軸の調整は 次のように行います。
まず左側のインナーカウルをはずします。
はずすのは3カ所。
DSC07251.jpg
ここは5mmのヘキサゴン。

DSC07253.jpg
メーター下のプラスチックのピンは
真ん中をひっぱると 外れます。

DSC07267.jpg
ミラー脇のボルトは5mmのヘキサゴンと
裏から8mmのナットで止まっています。

DSC07269.jpg
カバーを外すとこんな感じ。
メーターの裏に十字のダイヤルが見えます。

DSC07268.jpg
これがアップ。「G」と書かれている上です。
左に回すと「U」つまりアップで
右に回すと「D」ダウンします。

1/4回転で2cm変化するので
10cm上に上げるためには
左へ1と1/4回転 回せばOK!のはず。
一応1/4回転多く 回してみました。

そして再検査。
光軸以外は合格なので 他の検査は飛ばします。
そして光軸。
しばらくして掲示板に「◯」の表示が!
やった!やりましたぁ。

あとは2の建物に書類を提出すれば
DSC07366.jpg
新しい車検証とステッカーがもらえます。

今回の出費は
自賠責保険代 24ヵ月分 14,110円
重量税           4,400円
審査代と検査料      1,700円
書類代             20円
ここまでが絶対にかかる法定費用。

整備記録簿代        315円
オイルとフィルター交換  10,739円
合計           31,284円でした。

久しぶりにユーザー車検を受けてみて
やはり簡単だと思いました。
もちろんそれなりに整備できないと難しいですけれど。
整備して洗車すると 愛着もひとしおです。

みなさんもぜひ挑戦してみて下さい。
ちなみに2年間の走行距離は2,000km。
今年はもっともっと走るぞぉ〜

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。